売却査定の流れ

「不動産を売却したい!」 「家を売りたいけれど、どうしたらいいの?」

疑問を持っている方もたくさんいらっしゃると思います。

実際にはどのように売却したらいいのか、不動産売却の流れを確認しましょう。

 

 

 

売却している物件の相場を調べる

  ポータルサイト・チラシで似たような間取りの物件を調べて、だいたいの場を把握しましょう。

   築年数や間取り、設備などによって物件の価格は変わります。

   まずは、不動産のプロに相談してみましょう!

 

  

 

 

不動産業者に査定を依頼する

  不動産の売却査定は、主に二種類あります。

  【机上査定】・・・数字上で見積もる簡易査定。相場を知ることは出来ますが、

                           実際の査定額と大きく異なる可能性があります。

  【訪問査定】・・・現地調査を行う査定。不動産業者が実際に訪問し確認して見積もりますので、

                           正確な見積額を知ることが出来ます。

 

 

 

 

不動産業者と契約をする

   売却査定が終了した後は、不動産業者と媒介契約を結びます。

  何社かに査定を依頼している場合は、どの業者に依頼するか決定しましょう。

  売却が完了し引き渡すまでの長いお付き合いになるので、査定価格だけではなく

    業者の対応や印象も重要となります。 慎重に検討しましょう。

 

 

 

 

不動産売却の開始と交渉

  契約を結んだ業者は、自社ホームページなどで広告活動を行い、

     問い合わせが合った場合は内見等が行われます。購入したい人が現れた際は、

     希望購入価格や代金の支払い方法等の条件交渉があり、具体的に話が進んでいきます。

 

 

 

 

売買契約と物件の引渡しを行う

  物件の状態を確認した後、双方納得の上で売買契約書を取り交わせば、売買契約の成立となります。

     売買規約が締結したら、抵当権の抹消などを行い、鍵の引渡しを行えば売買契約は完了となります。

 

 

 

 

 

 【売却査定】のお問い合わせのお客様は、

「その他のお問い合わせ」にチェックを入れ、「売却査定」と入力して下さい。